唾液の役割

だ液がよくでる、お口の中が常に唾液で潤っているという事はとても重要です。 

そもそも唾液の役割とは、

①消化作用(アミラーゼ、リパーゼなどデンプン・脂肪を分解する) 

②潤滑作用(食べ物を湿らせて食塊の形成を助ける)

③粘膜保護作用(ムチンは粘膜乾燥を防ぎ、化学物質の刺激から保護)

④緩衝作用(pHを中性にたもつ)

⑤抗脱灰作用(ムチンなどはエナメル質に吸着して獲得皮膜ペリクルを形成)

⑥洗浄作用(食べ物、細菌など洗い流す)

⑦味覚発現作用(乾燥した食べ物は唾液に溶解して味覚を生ずる)

⑧抗菌作用(リゾチーム、ペルオキシダーゼ ラクトフェリン、デフェンシン、IgA など)

など実に多くの重要な役割を果たしていますが まとめると「自浄作用」ということになります。

口の中に入って食べ物を体内に取り込み、のこったかすの掃除をする一方で虫歯や感染をふせぎ、口の中を健康に保ちます。