妊婦さんの歯科治療

当院では、心配無用ではあっても、お母様の気持ちを大切にして、麻酔やレントゲンはなるべく使わないよう配慮しています。歯科治療は安定期(5~7ヶ月)にのみにとどめ、妊娠初期と妊娠後期は控えた方が安心です。

妊娠期間中に歯を悪くする理由

●女性ホルモンが増加することで、歯周病菌の活動が活発化する
●だ液の分泌量が低下するため、口の中が乾きやすく、汚れが付きやすくなる
●食生活が乱れ、栄養摂取が偏りがちになる
●つわりによって歯磨きが十分に行えず、清掃不良になる

妊娠性歯肉炎

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が急激に増えるため、このホルモンを好む歯周病菌の増加で、歯肉炎になりやすくなります。放置すると悪化し、本格的な歯周病になってしまうので注意が必要です。特に歯周病をもっている妊婦さんは、早産や低体重児を出産する確率が高くなるという報告もありますので、注意が必要です。歯科健診とクリーニングをおすすめいたします。

母子感染

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌は存在しません。多くの場合、生後半年ぐらいで下の前歯が生え始めたころに、周りにいる方のだ液を介して伝播していきます。
虫歯菌は、「噛み与え」や、「スプーンやお箸を親子で共有」、「愛情表現のキス」することによって伝わります。

一般的に虫歯菌は、1歳7か月~2歳7か月の間に定着しやすいといわれています。離乳食から幼児食にあたるこの時期に、お母さんが正しい虫歯予防の知識を持って対処することが大切です。