歯周病

歯周病はこんなに怖い 3つの危険

危険① 骨がとけて歯が抜ける!(細菌が歯を支えている骨を溶かします)

歯周病は「歯周病菌」と呼ばれる細菌が原因。「歯周病菌」は「歯周病ポケット」をつくりながら歯茎の奥へと進んでいき、やがて歯を支えている骨(歯槽骨)とかしはじめます。支えを失った歯は徐々にぐらぐらになっていき、最後には抜けてしまいます。

危険② 自覚症状が少ない(気づいたときにはもう遅い?!)

歯周病は、初期段階では目立った自覚症状がありません。しかし、ゆっくりと確実に進行していきます。激しい出血や痛み、歯がゆれるなど、明らかな自覚症状が出るころには、重度の歯周病になっていることもめずらしくありません。

危険③ 歯磨きでは治らない(歯石は「細菌」のすみかです)

歯周病になると、歯と歯茎の間に隙間ができます。 これを「歯周ポケット」といいます。歯周ポケットに入り込んだ細菌(プラーク)や細菌が固まった歯 石は歯磨きのみでは除去することはできません。歯科医院での専門的なクリーニングが必要になります 歯石をためてしまわない為にも3~4ヶ月に1回は定期的クリーニングが必要となります。