金属アレルギー

歯科金属でもアレルギーは起こるのか?(金アレ)

虫歯の場合など、歯の治療にも金属は使用します。口の中は唾液によって金属が溶けてイオン化することがあり、アレルギー反応を起こすことがあります。

症状としては、歯肉炎や口唇炎、また舌炎などの炎症や味覚異常、歯や歯肉の変色、さらに全身の湿疹などの症状がでることもあります。

アクセサリーなどで金属アレルギーを起こした経験がある方で、金属の歯があるようでしたら、金属を取り除き、別のものに取りかえることが望ましいと思われます。

接触で起こる「局所性金属アレルギー」
ネックレス、ピアス、指輪、ボタン、ビューラー、歯の金属冠(知覚低下、味覚の低下、扁平苔癬の要因のひとつ)、など

接触せずに起こる「全身性金属アレルギー

金属のあるところから離れた場所で湿疹・かゆみ等の症状が起こる。なかなか原因を見つけにくいと思われます。 

ご相談をお待ちしています。