インプラント


治療の流れ
1.カウンセリング・診察

インプラントを埋め込む所の骨の状態、歯肉の状態、噛み合わせの診察を行います。 レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯形や噛み合せの採得等を行い、口腔内全体での治療計画を立て、十分に患者さんと話し合いをします。

2.術前処置

必要な場合、歯周病、虫歯治療、不良な冠の除去、噛み合せを整える等の治療を行い、衛生状態を良好にし、手術の為の準備をします。

3.インプラント手術

治療計画に従い、インプラントを埋入します。

4.手術後の消毒

手術部位の確認と消毒を数日間行います。

5.治癒期間

あごの骨の状態により、2~3ヵ月程度の治癒期間が必要です。その後、仮歯を装着します。仮歯で良好でしたら最終の被せの装着になります。

 







インプラントの寿命

インプラントは、歯ぐきとのなじみが非常に良いチタンを使用していますが、インプラント治療後のメインテナンスを怠ると天然の歯と同じように、歯槽膿漏の状態になり、インプラントが抜け落ちることがあります。(インプラント歯周炎と呼ばれています。) 普段からお口の中の衛生状態に気をつけ、メインテンスを欠かさないことが、長持ちさせる秘訣になります。

※当院では、歯科用CTスキャンを導入しています。コンピューターを駆使したデーター処理で、360度全ての角度から歯周を確認できます。今までのX線では映らなかった部分も、はっきり映るようになり、より正確な診査・診断・治療ができる事になりました。インプラント治療では、CT画像を診断しながらすすめていくことになります。