抜歯の基準

誰しも自分の歯は抜かずにおいておきたいと願うものです。しかし、自覚症状がなくても知らず知らずのうちに悪くなり、レントゲン撮影してはじめて大変重篤な状態に気づくこともあります。痛くないから症状がないからと抜かずにそのまま放置しておくことも大変危険です。次に抜歯した方が良いと思われる場合を記します。

①虫歯を放置して歯がほとんど残っていない状態のとき (C4)

②神経の治療を中断してしまい、根だけでなく歯茎まで悪くしてしまったとき(根尖性歯周炎)

③歯周病が大きく進行して、両隣の歯にも悪い影響を及ぼしているとき(歯周病)

④歯根が破折、破断しているとき(歯根破折)

⑤横向きにはえている親知らず(智歯周囲炎)

⑥より悪くならないうちに2本ある根のうち悪い方の1本を抜くとき(ヘミセクション)

⑦正しい位置にはえていなくて他の歯に悪影響を及ぼしているとき

⑧自覚症状がなくても病巣がだんだん大きくなり骨を溶かしているとき

すべてのケースがこれに当てはまるわけではありませんが、長堀歯科では出来うる限り抜歯によるメリット・ディメリットを十分説明させて頂いてから治療をすすめています。