口の中が乾く

ドライマウス、口腔感乾燥症ともいいます。口の中が乾くのは唾液分泌低下によるものと考えますが、実際には口腔粘膜が乾燥している状態全般を指すことが多いです。すなわち、唾液分泌が正常でも口呼吸や口腔機能低下などで口腔粘膜が乾燥していればドライマウスと言えます。

症状

口腔乾燥や唾液分泌低下があると、口の中の自浄作用が低下します。虫歯や歯周病の発症、粘膜障害や舌の痛み、義歯の不安定、舌苔の増加、カンジダ症発症などがみられるようになります。
唾液が少なくなると味覚低下をまねき、乾燥があると咀嚼機能や嚥下機能が低下しやすくなり、食欲低下、消化管の吸収障害にまで影響をあたえます。

対策

・唾液腺マッサージをする 
・口呼吸を改め、鼻呼吸に努める
・舌の体操をする→あいうべ体操をする
・人工唾液をふくむ