歯周病と全身疾患



国民病ともいわれる歯周病。日本の成人の約8割が歯周病または歯周病予備軍といわれています。直接の原因は歯周病菌による感染症ですが、お口から体内に歯周病の病原菌が侵入することでさまざまな全身疾患を引き起こします。

お口をきれいにし、歯周病を治療・予防することは全身疾患の予防につながります。お口の健康、そして全身の健康のため、歯周病を予防する努力が必要です。

糖尿病

慢性歯周炎と糖尿病は互いに影響し合うといわれています。歯周病が悪化するとさまざまな作用を経て糖尿病も悪化。反対に歯周病の改善が見られると、炎症物質の生産量が減少し、結果として血糖値も下がり糖尿病の改善につながります。

感染性心内膜炎

口腔内の細菌が心臓弁またはその周辺に付着して増殖し感染症を起こします。歯周病菌は付着力が強いので心内膜に付着してしまうことがあるのです。

動脈硬化症

動脈硬化症は動脈が狭まり、最終的には動脈の血流が遮断されてしまう症状です。動脈硬化部位から歯周病菌が検出されています。

誤嚥性肺炎

高齢者の方や寝たきりの方など嚥下反射の機能が低下している人に見られるのが誤嚥です。誤嚥によって歯周病菌が気管支や肺にまで達した場合、抵抗力が弱っている人は細菌が増殖し肺炎を起こしてしまいます。

低体重児出産・早産

妊婦さんに歯周病があると、血液中に入った歯周病菌が子宮の筋肉を収縮させる作用のある物質をつくることがあるので、早産や低体重児出産のリスクが高まります。

歯性病巣感染症

歯性病巣感染症とは、歯以外の別の臓器に二次的な疾患が発生することです。歯周病菌による敗血症は身体の別の部分に疾患を引き起こす起こすリスクを高めます。二次的な疾患には、慢性扁桃感染、慢性腎炎、IgA腎症、掌蹠膿疱症、ぶどう膜炎、虫垂炎、関節リウマチ、花粉症、気管支喘息、潰瘍性大腸炎、うつ病、化学物質過敏症、ドライマウス、慢性副鼻腔炎、などが言われています。