医療費控除

・医療費控除とは?

1月から12月までの間に、本人または家族が支払った医療費が10万円を越える場合、確定申告の際に税金の還付を受けることができる制度を言います。

・医療費控除の計算式

還付される税額は、下記の計算式によって算出することができます。

(1~12月中に支払った医療費) - (保険金などで補てんされる金額) = A
 A - (10万円または所得金額の5%、どちらか少ない金額) = 医療費控除額(最高200万円)

※10万円を超えた医療費が全額還付されるわけではなく、最終的な還付金額は、所得税率を掛けて、さらに定率減税分の0.8を掛けて算出します。

・手続きについて

確定申告時(翌年の2/16~3/15)に所轄の税務署へ下記に挙げる必要書類などを持参する必要があり
ます。
●家族全員の1年分の医療費領収書
●交通費のメモ(氏名、理由、日付、交通機関を明記)
●印鑑
●源泉徴収票(給与所得者)

※詳細は国税庁のホームページを閲覧してください