睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS
睡眠中に10秒以上の呼吸停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。また、生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります。


原因は?
睡眠時無呼吸は、上気道(空気の通り道)が閉塞することにより起こります。閉塞の原因は、首周りの脂肪の沈着、扁桃肥大、アデノイド、気道へ舌が落ち込む、舌が大きい(巨舌症)、鼻が曲がっているなどがあげられます。また、顎が小さい(小顎症)ため、気道がふさがれやすく、やせているのSASである方もいらっしゃいます。


歯科での治療方法とは?
スリープスプリントを製作して就寝時に装着します。 下顎を前方に位置づけさせることで、舌根を持ち上げ、気道を広げます。(当院ではスリープスプリントを制作しています。) 医科的な治療としては、CPAP(眠るときに酸素マスクのようなものを鼻に当てて、小型の装置から送り込まれる「空気の圧力」によって気道を広げます。)や外科的な原因除去療法UPPPになります。

正確な診断は、睡眠外来や睡眠時無呼吸外来、呼吸器内科、耳鼻科などによる受診ですが、専門にSASを扱っているクリニックの受診が必要です。